本文へスキップ
  HOME 会長挨拶 会則・規約 活動報告  会 報  校遊ひろば
会則・規約
東洋大学応用化学科同窓会会則
(総 則)

第 一 条  本会は、東洋大学応用化学科同窓会と称する。
第 二 条  本会は、事務局を東洋大学応用化学科内に置く。 
第 三 条  本会は、左記の会員をもって組織する。
         一、 正会員  東洋大学応用化学科卒業生
                    及び工学研究科応用化学専攻修了生
         ニ、準会員 東洋大学応用化学科四年生
                    及び他大学出身工学研究科応用化学専攻最終年次在学生
         三、特別会員 東洋大学応用化学科教職員
                    及び本学科に在職した者、又は、関係ある者

(目的及び事業)
第 四 条  本会は、会員相互の親睦を計ることを目的とする。
第 五 条  本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行なう。
         一、総会等の開催
         ニ、会員名簿の作成
         三、その他必要と認めた事項
(役 員)
第 六 条  本会に次の役員を置く。
         一、会 長  一名
         ニ、副会長  三名
         三、幹 事  若干名
         四、会 計  二名
         五、監 査  二名
第 七 条  本会の役員の任務は次の通りとする。
         一、会長は、本会を代表し、これを総理する。
         二、副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその任務を代行する。
         三、幹事は、庶務、会計等の会務に従事する。
         四、監査は本会の会計を監査する。
第 八 条  役員の選任は次の通りとする。
         一、会長及び副会長は、幹事会において互選する。
         二、幹事及び監査は、総会において正会員より選任する。
           但し、監査は役員の重任を認めない。
         三、前項の外、会長は、事会の承認を経て幹事を指名、
           委嘱することができる。
第 九 条  役員の任期は二年とし、再任を妨げない。
         但し、補充の役員の任期は、前任者の残任期間とする。
(機 関)
第 十 条  本会は、執行機関として幹事会を設置する。
第十一条  幹事会は、会長、副会長及び幹事をもって構成し、会務執行に必要な事項について審議議決し、実行する。
         但し、(一)議決事項は、次期総会において承認を受けるものとする。
            (二)第三条二、三項に規定する会員は、承認権を有しない。
第十二条  幹事会は必要に応じて会長がこれを招集する。
(総 会)
第十三条  総会は、原則として毎年開催する。
(会 計)
第十四条  本会の経費は、終身会費、寄附金その他の収入をもって充てる。
         一、終身会費の額は附則に定める。
         ニ、名簿発行等臨時に要する経費はその都度徴収する。
第十五条  本会の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終る。

附 則
 一、本会会則の改正は、第十一条に準ずる。
 二、 ()終身会費は八千円とする。

 三、この会則は、昭和五十四年十一月 十七日より実施する。


 追加予定箇所   平成二十四年六月二十三日一部改訂

会則・規約

東洋大学応用化学科同窓会の会則・規約のページです。